エイジングケアをするにあたりエステ選びに四苦八苦

エイジングケアをエステに通うだけでなく自宅でのケアも必要。最近気になり始めたことについて。

エイジングケアをするにあたりエステ選びに四苦八苦

エイジングケアを自宅エステで

このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでに受けてきた紫外線によるダメージが老化のもっとも大きな原因のひとつ。肌の乾燥、ごわつきが気になり始めたのが、30代前半、ハリ、つやそしてシミと年々悩みは増えていきます。顔だけでなく最近気になるのは手。首はまだそんなでもないけれど、手の血管がうきでてきたうよな気がします。そして腕のシミ。UVケアと保湿を心がけるようにしていますが、それ以外のケアの方法がよくわかりません。顔は化粧で隠せることもあるけれど、手はどうしたらよいのでしょうか。とくに手の甲。紫外線を無防備に浴び続けていた部分なのだと思います。

以前エステに通ったことがありますが、メニューはおそらく顔のシミやしわ、はり、つやなどを対象としたものだったと思います。手と顔では皮膚の厚みなども違うあろうし、それぞれにあったエイジングケアというのがあるのだと思うのですが。エステの担当者のかたが手のシミは取れづらいといっていました。外からのケアにも限界があるでしょうから、あとはうちから。老化防止には抗酸化作用のある食べ物がよいとききます。トマトのリコピンが有名でしょうか。抗酸化作用、血液の循環にもよいようなのでビタミンEの摂取も心がけています。

エイジングケアですから、老化を止めるのではなく老化速度をゆっくりにできると理解していますが、やはり歳をとることを受け止めたくはないです。だからエステに通いたいという気持ちになってしまうのだろうと思います。最近は低価格で結果の出るサロンも多いのでうれしいですね。

Copyright (C)2017エイジングケアをするにあたりエステ選びに四苦八苦.All rights reserved.